Huahine
タヒチの島々の

最高の秘密の場所

フアヒネ島

フアヒネ島に到着した旅行者は、すぐにこの島の魔法にかかってしまいます。タヒチ島からたった40分のフライトで来ることができる魅惑のフアヒネ島は、生い茂る樹木、手付かずの景観、昔ながらの村が残り原地住民の生活を体験できる、タヒチの最高の穴場です。深く透明度の高いラグーンがフアヒネ島を構成する2つの島を囲んでおり、壮大な入り江と白い砂浜が滞在をさらにドラマチックなものにしてくれます。現代社会の影響をあまり受けていないこのフアヒネ島では、古代ポリネシアのゆったり静かな時の流れを味わえるでしょう。島全体で小さな村が8つしかないこの島では、数少ない島民が旅行者を温かく迎えてくれます。この島の肥沃な土壌が、地元農家にバニラ、メロン、バナナなどの豊かな収穫を与えてくれるのも納得できます。

map of Huahine

フアヒネ島について

6,303人
人口
47
KM²
ファレ
行政中心地
40分
タヒチ島からのフライト所要時間

フアヒネ島に滞在する理由

魅惑のハイダウェー

「秘密の島」「本物の島」「ハイダウェーの島」とも呼ばれるフアヒネ島には実に多彩な形容詞が用いられますが、この島に来るとそれも納得できます。この島は、ポリネシアの景色と雰囲気を混ぜ合わせたカクテルです。自然の美しさ、島民との豊かな交流、冒険とリラックスの無限の可能性を合わせて楽しんでください。フアヒネ島は、「生きる島」であり「感じる島」です。喜びと微笑みに溢れるこの小さな島を、地元の有名な歌手・画家であるボビー・ホルコム(故人)も安住の地として選びました。

文化を発見

ファレの北東にあるマエバは2つあるラグーンのうち大きい方のファウナ・ヌイと呼ばれるラグーン付近に位置しており、農業でよく知られています。先祖伝来のオニダルマオコゼを捕まえる罠、数多くのマラエ、その他の考古学的遺跡がこの村の周辺に多く見られます。ファレ・ポテエ(地域の知見、神聖な伝統、儀式が伝授される家)の下に教育目的の小さな博物館が建てられ、様々な遺跡発掘現場から見つかった遺物(櫂、斧の刃、魚の歯で作ったペンダント、すりこぎ、タトゥー用のくしなど)が展示されています。ファイエでは、巨大な青目ウナギも見てみましょう。

多彩なアクティビティ

ファレとパレアには美しい白い砂浜が広がっています。幻想的な色のラグーンでカヌーに乗ったり、水中の世界(サンゴ礁の壁、たくさんの魚がいる洞窟、サンゴの庭園など)やタヒチの島々最大の考古学的遺跡を探索したり、サンセットクルーズ、深海フィッシング、サーフィン、ハイキング、乗馬、トレッキング、カイトサーフィンなど盛り沢山です。水中でも地上でも、多彩なアクティビティがあなたを待っています。