よくある質問

  • タヒチには複数の医療施設があり、ご年配の方々でも問題なくタヒチに旅行できます。

    ただし、既往歴や現在の健康状態が書かれた診察記録をお持ちいただくことをお勧めします。かかりつけ医がいる場合は、常に連絡が取れるように連絡先も携帯しておきましょう。

    また、タヒチへのご出発前に、旅行中に適用される保険にきちんと加入しているかどうかご確認ください。

  • ホテルやレストランのスタッフには特に必要はないものの、観光客の方々が良いサービスに対して感謝を示す手段としてチップが使用されています。チップの額に関しては、ルールや習慣はありません。

    タヒチでは、2007年から大手ホテルの宿泊やレストランにおいて請求書にサービス料が含まれるようになりました。集まったお金は年の終わりにスタッフたちに分配され、最高のサービスを提供できるようスタッフのモチベーションを高めています。

  • ほとんどの土産物店でタヒチの島々のハガキを販売しています。
    切手は、ヨットの波止場やブーガンヴィル公園の近くにあるパペーテの中央郵便局で購入できます。平日は午前7時~午後6時、土曜日は午前8~午前11時まで開いており、局内には切手収集センターもあります。

  • 結婚式を行う地元の市役所に、以下の書類を提出する必要があります。

    • 新郎と新婦の出生証明書(過去3カ月以内に発行されたもの)
    • 1か月継続的に住んでいることを証明する電気料金、電話料金、水道料金の請求書のいずれか1通(電気料金の請求書に記載されている氏名が新郎または新婦のものではない場合、請求書に書かれている名前の方が、新郎および新婦の居住を認め、自分の身分証明書のコピーを提出する必要があります)
    • 弁護士によって作成された婚前契約書がある場合は、そのコピーを1通
    • 子供の出生証明書
    • 第一保証人の身分証明書(職業と住所が記載されたもの)
    • 軍人である場合、従軍証明書

    (関連するリンク)

  • ポリネシアの緯度では、年間を通して夏です!

    気温は高めかもしれませんが、常に太平洋から貿易風が吹いているため、島々の空気はきれいで新鮮です。

    タヒチで最も南にあるオーストラル諸島とガンビエ諸島は赤道からはかなり離れているため、ソシエテ諸島やマルケサス諸島よりも涼しいです。ツアモツ諸島では、年間日照時間が約3,000時間という記録的な太陽の光を楽しむことができます。

    11月~3月にかけては実りの季節に当たる雨季になり、この時期の植物は特に青々と茂っています。また、すべての南国フルーツが熟れ頃になるため、新鮮な味をテイスティングしたい人には最高のシーズンです。

    (関連するリンク)

  • 衛星通信に代わり、米国のハワイとタヒチの島々を結ぶ光ファイバー海底通信ケーブルシステム「ホノトア」のおかげで、ここ数年でタヒチは無制限高速インターネットサービスを国内全体で広域にわたって配信できるようになりました。

    タヒチにはインターネットサービスプロバイダーが2社あり、滞在中のインターネット接続を可能にするさまざまなサービスプランを提供しています。

    最もよく観光客が訪れる島(タヒチ島、モーレア島、ボラボラ島など)には、インターネットカフェがあります。現在、ほとんどのホテルでインターネットセンターを設けていたりWi-Fi接続を提供しており、無料で使用できる場合もあります。

     

  • タヒチで電話をかける

    プリペイドのOPTカードを購入すれば、固定電話、携帯電話、公衆電話のいずれからも電話をかけることができます。
    住民のいる島のほとんどには、現在もカードを使う公衆電話があります。
    プリペイドの「OPTカード」は、タヒチフィラテリーのウェブサイト(www.tahitiphilatelie.com)、全国に80か所ある郵便局や認定販売店で購入できます。

    携帯電話

    ここ数年間で、携帯電話の通信網はタヒチ国内で飛躍的に拡大しています。電話料金も下がりつつあり、さまざまなサービスプランが提供されています。

    タヒチへ出発する前に国際ローミングを設定しておくことで、ご自分の携帯電話をタヒチに持参して使うことができます。また、タヒチ国内にある携帯電話ネットワークプロバイダー2社のチャージ式プリペイドカードを購入することも可能です。

    • Vini社:郵便局や認定販売店にてViniカードを購入し、チャージすることができます。また、Vini社のウェブサイトwww.vini.pfでオンラインチャージも可能です。ご自宅に携帯電話を置いていかれる場合は、すぐに使えるViniphoneパック(携帯電話、電話番号、カードクレジットのセット)を購入できます。
    • Vodafone社:認定販売店にてVodafoneカードを販売しています。

     

     

  • 一部のホテルでは、110Vまたは220V(AC)を使えますが、パソコンを含め、お手持ちの機器には変圧器を使用されることを強くお勧めいたします。

  • 公用語はフランス語ですが、各諸島ではタヒチ語など現地の言葉もまだ広く使われています。また、特に観光地では英語もよく使われます。タヒチ語を学んでみませんか?

  • すべての物品を申告し、税関にて適用される税金を支払わなければいけません。タヒチでは入国や出国の際に、特定の物品について特別な規制がありますので、ファアア国際空港のウェブサイトwww.tahiti-aeroport.pfで該当する物品のリストをご確認ください。また、関税および間接税に関する全般的な情報は、経済・財務省のウェブサイトwww.polynesie-francaise.pref.gouv.fr/にも掲載されています

  • パペーテおよびボラボラ島一体では、水道水を飲むことができます。他の島では、水道水を飲めるかどうか現地でご確認ください。安全性の確信が持てない場合は、密閉されたボトルに入ったミネラルウォーターをご利用ください。

  • タヒチ観光局では、地域特有の病気がある国に滞在したことのある方でタヒチへの入国を希望される旅行者の皆さまに黄熱病の予防接種を義務付けています。また、そういったリスクのある国から渡航される方も予防接種が必要です。タヒチには医療サービスや施設があります。パペーテ、タラバオ(タヒチ島の地峡)、ウツロア(ライアテア島)には設備を完備した医療施設(病院、クリニック)があり、観光客が訪れる他の島にも少なくとも診療所はあります。


    ・黄熱病やマラリアなど、海外旅行者が予防接種を要求および推奨される国や地域のリストはこちら

    ・黄熱病に感染するリスクのある国、および黄熱病の予防接種が必要な国のリストはこちら

    ・詳細については、世界保健機関(WHO)のウェブサイトをご確認ください。