superyacht tahiti
クレジット: Credit : Gregoire Le Bacon

Onboard a Superyacht

南太平洋で初めてスーパーヨットの運航ハブとなったタヒチの島々。合計118もの島々の周囲には、クルーズに最適な海原が果てしなく広がっています。

その海域の面積は米国本土や西欧にも匹敵し、99%が海で占められ、陸地は1%にすぎません。ここは文明と未開の自然が共存する、地球上で最も安全な場所の1つであり、海の保全が10年以上にわたって行政上の優先事項となっています。

多様な島にある天然の深い水路(パス)から美しいラグーンへとクルーズを楽しむ。ポリネシアの素晴らしい文化を大切にしている、気さくな地元の人びとと交流する。世界的に貴重な手つかずのスポットでダイビングやシュノーケリングを楽しむ。最高級のリゾートでフレンチやタヒチ風味の絶品料理を味わう。地元のスパの巧みなトリートメントに身をまかせる。気に入ったタヒチ産の養殖真珠を買い求める。誰もいない白砂のビーチを裸足で散策し、自分たちだけの贅沢なひと時を楽しむ。・・・どれもタヒチの島々では思いのまま。いまだ経験したことのない、ここでしか味わえないような感動があなたを待っています。

気分はまさに開拓者。でもスーパーヨットによるクルーズなら、冒険も快適そのものです。

チャーターヨットでもプライベートヨットでも、スーパーヨットに精通した地元の業者がクルーズの各種手配や計画全般をサポートします。

superyacht tahiti charterタヒチの島々には毎年、平均50隻のスーパーヨットが寄港しています。2016年には、例えばS/Yヴァーティゴ号、S/Yシーホーク号、S/Yデスティネーション号、M/Yアスカリ号、M/Yヴァンテージ号とアドヴァンテージ号の船団、M/Yラ・デア2号、S/Yベッラ・ラガッツァ号、M/Yシーウルフ号、M/Yスリ号、M/Yセンシーズ号、M/Yドラゴンフライ号などが寄港しています。ほかにも帰路用の数隻のヨットが仏領ポリネシアを航海しています。

タヒチの島々について

パナマ運河に次ぐ初めてのハブ
手間のかかる入国・通関手続きなし
チャーターライセンス無料

国際スーパーヨット協会とタヒチの島々

こちらに掲載するのは、フォートローダーデールの国際ヨットショーで披露されたプレビュー映像です。スーパーヨットでタヒチの島々を訪れる際、タヒチ・プライベート・エクスペディションズに何を期待できるかがわかると思います。

パートナーの皆様、ぜひお手持ちのコンテンツを共有してください。


  • 通関手続き地

    ヨットの主な通関手続き地はタヒチ島です。他の群島に属する一部の島でも通関手続きを手配することは可能ですが、事前の申請が必要で、入国・通関当局が認めた場合に限ります。

    通関

    到着すると、ヨットは輸入品として扱われますが、36か月間は課税されません。免税対象の燃料はヨットエージェントに依頼すれば入手できます。航海中のヨットのスペア部品は無税で輸入できます。

    乗組員の入国手続き

    欧州連合(EU)の市民は、仏領ポリネシアの滞在期間に制限はありません。観光ビザでは、最長3か月の滞在が可能です。

    EU域外の市民で、3か月を超える滞在が必要な場合は、仏領ポリネシアに入る前に、出身国のフランス大使館または領事館から長期滞在ビザを取得する必要があります。EU域外の市民は、登録エージェントからの証書、またはタヒチ行きの航空機に搭乗できる国際航空券を所持している必要があります。

    海路で到着した場合、特別な事情があれば、最長15日間のビザを取得できます。

    保健

    タヒチ観光局では、黄熱の流行国に滞在歴がある場合、旅行者はタヒチの島々を訪れる前に黄熱の予防接種を受ける義務がある旨を通知しています。

    黄熱は、アフリカおよびアメリカ大陸の熱帯地域に見られるウイルス性疾患です。基本的に人間と猿に感染し、ネッタイシマカなどの蚊によって媒介されます。2017年の初め以降、ブラジルのバイア州南部、隣接するエスピリトサント州とミナスジェライス州、およびリオデジャネイロとサンパウロ両州の地域に黄熱の流行が確認されました。これらすべての地域が熱帯・亜熱帯の湿潤広葉樹林という同一の生態系に属するという事実は、この疾患に関する上記の知見と符合しています。黄熱の流行国を訪れた旅行者が、黄熱とは無縁の国にこの疾患を持ち込むことがあります。そうした黄熱の移入を防ぐため、国際保健規則(IHR)に基づき、流行国に9か月を超えて滞在し、かつタヒチの島々を訪れようとしているすべての人に対して、黄熱の予防接種が義務付けられています。旅行者はタヒチに到着した際、予防接種証明書の提出を求められる場合があり、証明書を提出できなければ入国は許可されません。

    感染リスクがある国から来た旅行者についても、予防接種は必須です。

    また、鳥などの生きた動物を持ち込むことは禁止されています。ただし、犬、猫、またはウサギの輸送については、申告を行い、適正な検疫手続きを経れば、許可される場合があります。畜産物(肉や皮など)を陸揚げすることはできません。

    – 「国、領域、地域の一覧:海外旅行者に対する予防接種の要件と推奨事項(黄熱、マラリアなど)」はこちら

    – 「黄熱の伝染リスクがある国、および黄熱の予防接種が求められる国の一覧」はこちら

    – 詳細については、世界保健機関のウェブサイトを参照してください。

    チャーターに関する規制

    チャーターは仏領ポリネシアにおいて合法ですが、ヨットは838,000ユーロを超える価値を有し、1,675ユーロ/日を超えるチャーター料金を適用する必要があります。ヨットは、3名以上のプロの乗組員がフルタイムで乗務し、旗国の法令の下でチャーターを許可されている必要があります。

    登録に費用はかからず、有効期間6か月で更新可能です。手続きに要する時間は5~6週間です。チャーター税として、チャーター料金総額の5%が課されます。通常、ヨットの到着に先立って地元のヨットエージェントが申請書を提出します。

    シップヤード

    次の改修設備を利用できます。

    • 300トントラベルリフト:全長40mまでのユニットに対応、喫水制限なし
    • 引き揚げ船台:全長60m、喫水4.5m、800トンまでのヨットに対応
    • 浮き乾ドック:全長150m、喫水6m、3,800トンまでのヨットを収容可能

    いずれも所在地はタヒチ本島の首都パペーテです。

    港湾当局が開発プロジェクトを進めており、将来的にスーパーヨットの改修能力は増強される予定です。

    マリナ・タイナは全長60m以下のヨット20隻を受け入れ可能であり、国際空港から10分、パペーテの中心部から20分のところにあります。

    パペーテの中心部にもスーパーヨット専用の区域があります。

    どちらの場所も監視カメラと警備員によって守られ、マリーナの通常のサービスも利用できます。

    航海の手引き

    仏領ポリネシアでは航海に許可は不要です。同一の群島内では、大半の島々が数時間以内で移動できる距離にあります。タヒチ島以外では、ラグーン内の保護された入り江や環礁のラグーンに係留することをおすすめします。

    物資の調達

    主な調達地はタヒチ島であり、品質の良い地産品や輸入品が手に入ります。国内航空便を利用して、仏領ポリネシア全域の大半の島々に空輸することもできます。

    詳細については、ご利用の地元ヨットエージェントにお問い合わせください。

    ヨットエージェントへのリンク:


  • タヒチの島々でのチャーター

    チャーターは仏領ポリネシアにおいて合法です。チャーター料金総額に対して5%の税金が課せられ、チャーター終了時までに支払いを済ませる必要があります。

    プライベートクルーズ

    プライベートヨットによるクルーズについては、オーナーとゲストが乗船していれば課税されません。

    ゲストの仏領ポリネシア入国

    仏領ポリネシアにビザなしで入国できるのは下記の国籍の方です。

    ECの全市民、アルバニア(eパスポートのみ)、アンドラ、アンティグア・バーブーダ、アルゼンチン、オーストラリア、バハマ、バルバドス、ボリビア、ボスニア(eパスポートのみ)、ブラジル、英国海外国民、居住権を持つ英国臣民、ブルネイ、カナダ、チリ、コスタリカ、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス、香港、アイスランド、イスラエル、日本、キリバス、マカオ、マケドニア(eパスポートのみ)、マレーシア、マーシャル諸島、モーリシャス、メキシコ、ミクロネシア、モナコ、モンテネグロ(eパスポートのみ)、ナウル、ニュージーランド、ニカラグア、北マリアナ、パラオ、パナマ、パラグアイ、セントクリストファー・ネイビス、サモア、サンマリノ、セルビア(eパスポートのみ)、セイシェル、シンガポール、ソロモン諸島、韓国、台湾、トンガ、ツバル、ウルグアイ、米国、バチカン、ベネズエラ。

    バーレーン、ベラルーシ、中国、インド、クウェート、オマーン、カタール、ロシア、南アフリカ、ウクライナ、またはアラブ首長国連邦の市民で、フランス領事館が発行した6か月以上有効なシェンゲン協定に基づく数次入国ビザをすでに所持している方は、その他のビザを取得する必要はありません。

    上記以外のシェンゲンビザは、タヒチでは無効です。

    上記に該当しないすべての旅行者は、到着前に、最寄りのフランス領事館または大使館で短期滞在ビザを取得する必要があります。

    国際空港

    ファアア国際空港はタヒチ本島にあります。タヒチ島では、国際航空便が毎日発着しています。エールフランス、エアタヒチ・ヌイ、LATAM航空、ニュージーランド航空、エアカラン、ハワイアン航空が定期便を運航しています。自家用ジェット機も受け入れており、乗客は発着時にVIPラウンジを利用できます。

    国内航空

    タヒチ島やその他いずれかの島でヨットに乗船するゲストは、旅程に応じて、国内航空便(エアタヒチ)やチャーター機を利用できます。

    タヒチの島々でのクルーズ

    島から島への移動は通常、せいぜい数時間の短い航海です。ただし、群島間を移動する場合はその限りではありません。例えば、ソシエテ諸島からツアモツ環礁までは平均20時間かかります。

    基本的に、旅行は1年のうちどの時期に計画しても問題ありません。11月から3月までは雨季で、4月から10月までは貿易風が特にさわやかです。チャーターの予約件数については、12月と1月が増加しており、4月、5月、10月も同様の傾向が見られます。

    陸の宿泊施設

    タヒチ本島には、宿泊できる高級リゾートがいくつかあります。2つの群島でクルーズを予定している場合は、長い航海を避けるために、2つ目の群島への移動に空路(商用または自家用)を選ぶことがよくあります。チャーターの前後に別途、島内で過ごす場合も、高級リゾートは最適な選択肢です。

    アクティビティ

    仏領ポリネシアの島々では、経験豊かなプロの専任インストラクターと共に、プライベートであらゆる陸と海のアクティビティを体験できます。

    タヒチの島々でチャーターできるヨットの情報については、ご利用のチャーター会社にお問い合わせください。


  • Logo CN  logo 37 south 
    Y.co
      


  • ソシエテ諸島

    1日目:タヒチ島またはモーレア島でヨットに乗船
    2日目:モーレア島
    3日目:フアヒネ島
    4・5日目:タハア島、ライアテア島
    6日目:ボラボラ島
    7日目:ボラボラ島、夕方に空路でタヒチ島へ


    ツアモツ環礁

    1日目:空路でタヒチ島からファカラバ島へ。ヨットに乗船し、ファカラバ島の南パスへクルーズ
    2日目:ファカラバ島の南パス
    3日目:早朝にファカラバ島の北パスに戻り、トアウ環礁へ航海
    4日目:アパタキ島
    5・6日目:ランギロア島
    7日目:空路でタヒチ島に戻る


    マルケサス諸島

    1日目:空路でタヒチ島からヌクヒバ島へ。ヨットに乗船
    2日目:ヌクヒバ島
    3日目:ウアフカ島
    4日目:ヒバオア島
    5日目:ウアポウ島
    6日目:ヌクヒバ島
    7日目:空路でタヒチ島に戻る


    どのツアープランでも、クルーズの時間に応じて、2つ以上の群島を組み合わせることが可能です。上記のツアープランにおける島々の滞在時間は、各島を楽しむための最短時間です。ひと通りの体験をするには、同一群島内の滞在時間として10~12日間を見込むことをおすすめします。さらに遠く離れたオーストラル諸島とガンビエ諸島についても、ツアープランを立てることは可能です。


  • ソシエテ諸島で欠かせないアクティビティは何ですか?

    澄み切ったラグーンや緑なす高い山々では、様々な海と陸のアクティビティを楽しめます。小島で定番のピクニックを楽しむ。お気に入りの黒真珠を買う。ATVや4WD車で島々の美しい渓谷をめぐる。極上の料理やポリネシア式のスパトリートメントを堪能する。ライアテア島で唯一の川を夕暮れ時にカヤックで下る。タハア島のバニラ農園を訪れる。ボラボラ島でマンタと共にダイビングを楽しむ。モーレア島やタヒチ島近海でシーズン中にザトウクジラと出会い、一緒に泳ぐ。・・・ぜひ体験していただきたい、魅力的なものばかりです。

    ツアモツ諸島で欠かせないアクティビティは何ですか?

    ツアモツ諸島で海の中をのぞいてみると、水面下には、他のどこにも見られないほど美しい光景が広がっています。ダイビングやシュノーケリングで味わえる美しさは世界トップクラス。地球上でこれほど驚きに満ちたスポットはそう多くありません。環礁ではあらゆる海のアクティビティを満喫できます。ファカラバ島でピンクサンドビーチを見つける。トアウ環礁で人里離れた村の人たちと共に1日を過ごす。真珠の養殖場を訪ねて、この海の宝石を生み出す貝の育て方に触れる。ランギロア島で野生のイルカたちと一緒にダイビングやシュノーケリングを楽しむ。海に潜って人なつっこいサメたちと出会う。この緯度では唯一のブドウ園でワインのテイスティングを味わう。世界の果てで釣りや散策を楽しむ。・・・数々の充実した体験があなたを待っています。

    マルケサス諸島で欠かせないアクティビティは何ですか?

    マルケサスの豊かな文化遺産、タトゥー、彫刻、機織り。島の人びとと共に、ぜひ体験してください。ハイキングや4WD車によるツアーでは、断崖や滝の壮大な景観を楽しめます。自由に走り回る野生の馬に出会うこともあります。フランスの画家、ポール・ゴーギャンが晩年を過ごした場所を訪れたり、伝統的な食事を味わったり、バードダンス(鳥のダンス)を習ったりするのもいいでしょう。何百頭ものメロンヘッドホエールたちと一緒にシュノーケリングをしたり、マンタやシュモクザメたちと一緒にダイビングを楽しんだりするのもおすすめです。マンタは夜中にヨットの後ろについてくることがあり、その光景はまさに壮観です。

    仏領ポリネシアを訪れるのに良い時期はいつ頃ですか?

    基本的に、1年のうちいつでも問題はありません。ただし、11月から3月まで(南半球夏季)は雨季で、乾季よりもやや温暖です。

    ザトウクジラが仏領ポリネシアの海にいるのはいつ頃ですか?

    7月から10月までの間にヨットでクルーズすれば、クジラと出会う可能性は高いといえます。通常のヨットのツアープランでは、クジラが最もよく見られるのはタヒチ島、タヒチ半島、モーレア島の周辺ですが、その他の島々でも目撃されることがあります。

    毎年、ハリケーンに襲われる可能性はどれくらいですか?

    可能性は非常に低いです。11月から3月までに仏領ポリネシアがハリケーンに襲われたのは、これまでの平均で10年に1回にすぎません。天気予報の信頼性の高さを考えれば、万一、滞在中にハリケーンが主な島々に接近したとしても、ヨットをマルケサス諸島に避難させるだけの時間はあります。マルケサス諸島は、低気圧が発生する可能性がある海域から常に外れています。

    高級リゾートではどんな服装が必要ですか?

    どのリゾートも美しいビーチにあるため、服装は非常にカジュアルです。夜に高級レストランに行く場合は、よりフォーマルな服装が求められますが、バーで過ごしたり、ビーチで夕食をとったりするのなら、カジュアルな服装で十分です。

    仏領ポリネシアは子供でも楽しめますか?

    もちろんです。陸には子供たちが夢中になれる遊びがたくさんあります。ツアモツ環礁で宝探しを企画してもいいですし、温かい浅瀬で無数の人なつっこいカラフルな魚たちに囲まれて遊ぶのもいいでしょう。

    ヨットの積載物資としてどんな物が手に入りますか?

    基本的に何でも手に入ります。生鮮食品や乳製品は、米国、オーストラリア、ニュージーランド、チリ、フランスから仏領ポリネシアに輸入しています。フランスの影響もあって、主な島々では、毎日の朝食にフランスパンやクロワッサンが欠かせません。エアタヒチ(国内航空会社)が乗り入れていれば、どの島にでも、あらゆる物資をタヒチ島から空輸できます。

    上質のスパトリートメントは手軽に体験できますか?

    できます。ソシエテ諸島とその周辺では特にそうです。すべてのリゾートにスパ施設があり、高級ブランドの高品質な化粧品を使った様々なトリートメントを体験できます。

    スーパーヨットでのクルーズの際、最も人気のあるアクティビティは何ですか?

    ATVや4WD車による島内ツアー、人里離れた小島でのピクニックなど、プライベートな陸のアクティビティの多くが人気を集めています。海についても、ダイビング、シュノーケリング、サーフィン、セーリング、シーズン中のホエールウォッチング、スピアフィッシング、フリーダイビング、水上スキー、パドルボーディング、水上バイクなど、すべてのアクティビティに申し込みが殺到しています。ヨットの後部デッキに伝統的な舞踊団を招いてダンスを楽しむのも好評です。

    タヒチ島以外の島で、クルーズ中にゲストの交代を手配するのは簡単ですか?

    その島に空港があれば簡単です。通常、商用航空便では、新しいゲストが乗ってきた飛行機に、下船したゲストが搭乗することもよくあります。